マウスピースを活用する

食事も歯磨きも楽々

口元

みよし市で歯の矯正を考えている人も多いでしょう。しかし、矯正というと目立つ器具を歯の表面に装着しなくてはならないため、どうしても目立ってしまいます。そのため営業や販売など人と接することの多い仕事をしている人にとっては、取り組みにくい側面もあります。そうした人におすすめなのが、みよし市の歯科で行っている「インビザライン」という方法です。インビザラインは透明なマウスピースを使用して歯の矯正を行うもので、人からはほとんど気づかれないくらい目立たないものです。そのため、見た目を気にする人でも安心して矯正を行うことができます。みよし市歯科のインビザラインのメリットはそれだけではありません。通常歯の矯正器具は自分で取り外しができませんが、インビザラインのマウスピースは簡単に取り外しができます。マウスピースは水洗いができるのでいつでも清潔に保てますし、外してしまえば歯磨きもいつもどおりに行うことができます。矯正中の歯磨きにはなかなか難しい部分もありましたが、これなら虫歯予防のケアもしっかりとできます。食事のときも、矯正器具をつけていると食べ物が絡みついたりする心配がありますが、マウスピースをはずせばこのような心配もなく食事も存分に楽しむことができます。インビザラインによる矯正はコンピュータ画像でシミュレーションをしながら進めていくので、みよし市で矯正を考えている人はぜひ専門の技術を持った歯科医院で相談しましょう。

見えない矯正が人気

歯型

一般的な歯の矯正には金属のワイヤー器具などが使用されるため、見た目が気になり、なかなか治療を始める勇気が持てないという人もいるでしょう。治療が完了するまでには半年から数年以上という長い期間が必要ですから、なるべく目立ちにくい形で、歯列矯正を行いたいものです。みよし市にある矯正歯科クリニックでは、インビザラインという、透明なマウスピースを使用した矯正治療が提供され、人気を集めています。インビザラインは、レントゲンや歯型などを元に作成したマウスピースを装着して、歯並びを整えるという治療方法です。従来の金属を用いた矯正治療と比較すると、目立ちにくいというだけでなく、痛みや違和感が少ないなど、様々なメリットを持っています。また、インビザラインは取り外しが可能ですので、食事時間だけ矯正器具を外すこともできますし、歯磨きもしっかりと行なうことができます。さらに、通院回数も通常の矯正より少なく済むなど、インビザラインは患者にとって利点が多い歯列矯正治療だといえるでしょう。みよし市のインビザラインは、矯正治療期間中も快適に過ごしたいという方、見た目を気にせず治療を受けたいという方から、選ばれています。インビザラインはすべての症例に適用できる治療方法ではないため、まずはみよし市の歯科クリニックで相談をして、最適な治療方法を提案してもらう必要があるでしょう。みよし市の矯正歯科クリニックであれば、この他にも舌側矯正など様々な治療方法について、相談することができます。

流れを知って安心しよう

口元

みよし市で矯正治療を受けたいと考え始めたときには、「どのような矯正方法を選択するべきなのか」と悩む方も多いでしょう。みよし市とみよし市近隣エリアの矯正歯科では、様々な方法で患者さんの悩みを解決しています。不都合なことも多く多額の費用がかかってしまう矯正治療だからこそ、自分にとってもっとも良い手法を選択したいと願うのは、当然のことです。人気の矯正方法であるインビザラインの流れについて解説します。インビザラインではまず、カウンセリングから治療がスタートします。矯正方法にはそれぞれ、メリットもあればデメリットもあります。自身の歯の状態をチェックしてもらったうえで、インビザラインでの矯正が可能かどうか判断してもらいます。その後精巧な歯型をとったら、それを基にしてマウスピースを作成していきます。インビザラインでは、一度歯型をとれば、全ての治療段階で使うマウスピースが作れるので、来院の手間を大幅に少なくできるというメリットがあります。治療をスタートしたら、決められたサイクルで来院し、少しずつマウスピースを変えていきます。アライナーの付け方をきちんと教えてもらうことで、自分自身で付け替えることが可能になります。インビザラインでは、できるだけ長い間マウスピースを装着していることが、治療成功のコツとなります。みよし市のクリニックの中でも、治療の意味や目的、そして矯正治療後のビジョンをきちんと説明してくれるクリニックを選択するのがオススメです。